留学・海外旅行はWLPにお任せください!国別、年齢別、目的別で様々なプランをご用意しております。

貴方だけのオーダーメイド留学をご提案。
カウンセリングから渡航中まで一貫サポートいたします。

遊びも勉強も楽しめる!エンタメの中心地、西海岸ロサンゼルス留学の魅力

自然遺産グランドキャニオンから世界最高エンタメ・ディズニーランドまで楽しみは無限大!

ロサンゼルスと言うと、ハリウッドやビバリーヒルズ、ディズニーランドなどのエンターテイメント都市としての印象が強いかも知れません。勉強だけでなく遊べるスポットも充実、気候は最高、日本人でも過ごしやすい環境が整ったロサンゼルスはアメリカ留学先の1位、2位を争う大人気都市です。
ロサンゼルス留学の魅力を見ていくことにしましょう!

過ごしやすさ抜群!ロサンゼルスの基礎情報

カリフォルニア州南部にあるロサンゼルスはアメリカNY(ニューヨーク)に次ぐ第2の都市で、世界が注目するエンタメ情報の発信地として知られています。ビバリーヒルズ、ハリウッド、サンタモニカなどでご存知の方も多いのではないでしょうか。NYに次ぐ大都市なので東京や名古屋、大阪のような雑踏を思い浮かべるかたも多いかも知れません。
ところが、そんな予想を裏切ってロサンゼルスに住む人々はとっても穏やかです。冬場でも20℃前後という年間を通して温かい気候と、ビーチなどのリゾートが身近ある多い都市ゆえかも知れません。人々のかせかせかとした印象はほとんどなく開放的という言葉がピッタリ!NYと比較すると「のんびりしていてなかなかプロジェクトが進まない」なんて言われることもあるようですよ。
・温厚でゆったりとした雰囲気が好き
・自然のアクティビティ(海、グランドキャニオンツアーなど)とエンターテイメント(LAはテーマパークの宝庫)を両方楽しみたい
・英語を丁寧にじっくりと学びたい(ダンサーになりたいなど他に目的のあるNYと違い、英語学習をメインに学びにくる留学生が多いため)
といった方にロサンゼルスはお勧めです。

エンタメの中心で刺激的な毎日

せっかくLAに留学するのですから、最新のエンタメを楽しみましょう!

ビバリーヒルズ

セレブの住む地域でため息が出てしまうような豪邸やオシャレなレストランや高級ショップが立ち並びます。ビバリーヒルズの南側には現地の方からの人気が高い有名モール、「センチュリーシティモール」があるのでお買い物や休日に足を運んでみてはいかがでしょうか?セレブと鉢合わせなんてこともあり得るかも?!

ハリウッド

ハリウッド
ロサンゼルスを語るに欠かせない映画の街ハリウッド。映画関連の見どころや楽しみ方がたくさんあります。観客として話題の海外ドラマの撮影に入り込みたい方はチケット(Audiences unlimited)をお試し下さい。
映画スターの手形や足形が印されたチャイニーズ・シアターをはじめアウォーク・オブ・フェイム、エンターテインメント博物館、ろう人形館など、海外映画・ドラマ好きの方は見逃せないスポットが盛りだくさんです!
またハリウッド近郊は比較的お手頃価格かつオシャレなお店も多いため、気軽にウィンドウショッピングをしたい時にも向きます。例えばハリウッドのグローブ地区や近郊にあるメルローズアベニューは流行に敏感な現地の人達からも人気の高いお買い物スポットです。

自然のアクティビティスポット

自然のアクティビティスポット
エンターテイメントに飽きてしまったら、サンタモニカやベニス、マリブなどの絶景ビーチでサーフィンや海水浴も楽しめます。海を離れてグランドキャニオンへのツアーもお勧めです。

遊園地の街LA!

遊園地の街LA!
遊園地巡りができるのもLAならでは。シックスフラッグス、ナッツベリーファーム、ユニバーサルスタジオ、ディズニーランドなどの10以上ものテーマパークが揃っています。
ロサンゼルスには沢山のアクティビティがありますから、勉強だけでなく遊びも大充実させたい貴方にオススメです。

ゆっくり過ごしたい時には公園

ロサンゼルス内でも人気の高いグリフィス・パーク(Grifith Park)。全米で10位の大きさを誇り、美しい夜景で有名です。ランニング、ハイキング、乗馬、劇場なども楽しめます。

進路・学校の選択肢が幅広い

進路・学校の選択肢が幅広い
ロサンゼルスには星の数ほどに学校・教育機関があります。語学学校で英語を学びたい方、本格的に名門と言われるアメリカの大学や専門学校への進学を考える方まで満足できる場所です。ロサンゼルスには4種の学校があります。

語学学校

留学生が英語を学ぶための教育機関です。英語を集中的に磨きたいという方におすすめです。語学学校で英語を磨いた後には、そのまま大学や専門学校への進学も夢ではありません。

2年制(短期)大学

将来、アメリカ国内大学への進学を検討していてかつ、学費を抑えたい方におすすめ。現地では学費節約のため高校卒業後に2年生大学へ進み、4年生大学に編入する方も少なくありません。 

4年制大学

ロサンゼルスには超有名・難関大と言われる4年制国立大学が多数存在する他、留学生でも入学が比較的簡単と言われる州立大学がロサンゼルス周辺にだけでも5校あります。

専門学校

語学学校で英語を極めてから専門的な分野を学ぶことも可能です。例えば女優・俳優になるための技術を教えてくれる学校、映像・撮影について実践的に学ぶ映画学校、ダンススクールなどエンターテイメントの中心街だからこその強みを生かした学校と教育技術はLAならでは。その他にも看護師育成の専門学校、国際貿易資格・秘書視覚の取れる学校などの学校があります。

ロサンゼルスには教育機関が集中しており、州の教育システムがきちんと整っています。頑張り次第では、留学生としてのスタートでも将来的には現地のアメリカ人と肩を並べて大学や専門学校に進学して勉強することも可能です。ニューヨークに次ぐ第2の都市ですので卒業後の進路に困ることもないでしょう。

日本語サービスの充実で困った時も安心

外務省の「海外在留邦人数調査統計 平成29年(2017年)要約版」によると日本人の数はニューヨークよりも多く、9万人以上とのこと。
ロサンゼルスの中でも以下のエリアでは、道を歩けば必ず日本人を見かけると言って良いほど日本人が多いです。
・ダウンタウン
・ウエストロサンゼルス
・トーランス
・アーバイン
・ガーデナ
・コスタメサ
・サンタモニカ

日本人コミュニティーが発達しており日系スーパー(Mitsuwa,Nijiya,Marukai)も充実しているので生活に困ることはほとんどありません。
インタ-ネット上では日本語で重要な情報をすぐに手に入れることができるだけでなく、日本語対応の病院があるなど英語初級者の方でも比較的安心して過ごしやすい環境だと言えるでしょう。
英語をしっかり学びたいという方にとっては、日本人が多い状態はネックとなるかも知れません。日本人との距離感を適切に保ったり、現地でのイベントを通して友人作りを積極的に行ったりなどの工夫が大切になるでしょう。

ロサンゼルス留学の気になるポイント

ロサンゼルス留学の気になるポイント、デメリットについてご紹介します。

物価について

ロサンゼルスの物価はニューヨーク、サンフランシスコと続いてあまり安くはありません。CBS Newsによるとロサンゼルスの家賃はアメリカ国内で値段の高さTop10入りをしているほどです。そのため学校や生活費など留学にかかる費用は若干高くなってしまうでしょう。ビーチ沿いなどの絶景スポットは家賃も跳ね上がるため生活費を抑えるためには郊外でシェアハウスをする、外食は避けて自炊をするなどの工夫が必要です。

公共の交通機関が少ない

公共の交通機関が少ない
ロサンゼルスはアメリカの中でも公共機関が充実していない街です。郊外から中心地までのバスが土日は運休であることも多く、地下鉄もほんの一部で日常的に使用するにはとても向きません。そのため車が必需品となってしまいます。
1) インターネットの掲示板などで車を安く譲る書き込みなどを参考して、現地で車を調達する。
2) 学校の寮や自転車・徒歩で行ける学校の近くに住むことで車なしでの生活を送る。
3) いざと言う時に送迎をお願いできる友人をたくさん作る、UberやLyftといったシェアライドサービスを使用する。
現地での移動手段を考えて学校や滞在先を選び、時間と経費を節約していきましょう。

エンタメの中心地、教育機関の充実した魅力あふれるロサンゼルス。ロサンゼルス留学の魅力とデメリットをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?魅力多き場所だからこそ日本日本人が多く、世界中から人が集まるため物価が高いなどのデメリットもありましたよね。最終的にどこを留学先に選ぶとしても、デメリットとなるかメリットとなるかは留学されるご本人の過ごし方や意識に大きく左右されます。デメリットをメリットに変える位の気持ちで、ロサンゼルス留学を大満足のものにして頂ければ嬉しいです!

\ 先着5名様限定!! /

最大10,000円キャッシュバック!

往復バス代が無料※本州のみ 8周年ウェルカムキャンペーン ご利用条件を見る

トップへ

友だち追加