オーストラリア留学はWLP!人気都市はシドニー、ゴールドコースト、メルボルン

貴方だけのオーダーメイド留学をご提案。
カウンセリングから渡航中まで一貫サポートいたします。

オーストラリアAUSTRALIA

オーストラリア留学情報

オーストラリアで人気の留学都市は、シドニー、メルボルン、ブリスベン、ゴールドコースト、ケアンズです。

 

近年ブリスベンやゴールドコースト、ケアンズのあるクイーンズランド州(QLD)への日本人の留学生数は増加の傾向があり、現在オーストラリアでは最もホットなDestinationとして注目されています。

 

シドニーではオペラハウスもある大都会での留学ができる一方、メルボルンではヨーロッパ風の建物が並ぶ街並みとオリジナリティあふれるカフェを楽しみながらの留学が可能です。

 

さらに近年、オーストラリアの教育水準が世界的にも認められ、大学・大学院進学や大学のキャンパス内で学ぶ英語プログラムなど、世界中からの学生たちと勉強できる環境があることも人気の一つとなっています。

 

ただ、それに伴う物価の上昇が一つの懸念点でもあります。

 

LOHASなライフスタイルを重視する方にはバイロンベイやヌーサといった留学都市もありますので皆様の沢山の留学スタイルを描くことができます。

 
 

よくある質問

 

オーストラリアはどういう国なの?

オーストラリアは現在留学先として最も人気が上昇している国の一つです。
日本の約20倍の面積を持ち、日本では考えられないスケールの自然や食べ物、コアラやカンガルーなどのオーストラリアを代表する生き物、年間を通じて温暖な気候の地域が多く、南半球に位置するため四季が日本と逆になるなど、様々な魅力を感じさせてくれる、今最もホットな留学先として知られています。

 

オーストラリアの魅力は?

オーストラリア留学の魅力は、温暖な気候に加え、日本では味わえない広大な自然、永遠と広がる海を堪能できるところです。

 

・オーストラリア人は楽観的な方が多く、留学生のことも快く受け入れてくれる国柄があります。

 

・近年では教育の質が高いと評判で、世界中からオーストラリアの大学に進学する方が多く、質の高い留学をすることができると有名です。

 

・ワーキングホリデーをすることが可能で、物価の高いオーストラリアでは日本円で時給2000円ほどの給料がもらえ、学生ビザでも週に最大週28時間働くことができます。

オーストラリアのビザ情報

オーストラリアのビザ

◆観光ビザ留学の場合

ETA(Electronic Travel Authority)を取得する事により3ヶ月までの渡航・就学ができます。
3ヶ月以上の渡航を希望する場合はその他のビザを申請する必要があります。

手続き方法
・オンライン申請サイトから手続き
・費用AUS$20(2019年現在)

 

◆学生ビザ留学の場合

現地での教育機関(語学学校、TAFE、専門学校、大学など)での就学期間に合わせてビザを申請することができます。
学生ビザを取得した場合、28時間/週の就労が可能で、学校が休みの期間は制限無しに働くことができます。
10ヶ月間以上就学する場合、学校終了後約60日間滞在が可能になります。

 

申請に必要な事
・学校決め
・保険手配(OSHCと日本の保険)
※オーストラリアで学生ビザを取得する場合OSHCの取得が必要となります。
※日本の保険に入る場合でもOSHCは免除できません。
・航空券手配
・パスポート
・残高証明書
・学校の入学許可書
・年齢(6歳以上)
・費用AU$575(2018年現在)

 

◆ワーキングホリデービザ留学の場合

現地で最大4ヶ月間(17週間)教育機関(語学学校、TAFEなど)での就学が可能となるのに加えて、同じ雇用主の元では最長6ヶ月間、一般雇用主の元で最大2年間の就労(フルタイム)が可能なビザでの滞在が可能です。

 

申請に必要な事
・年齢(18歳~30歳*渡航時に31歳になっていることは問題ありません)
・過去にワーキングホリデービザで渡航したことが無い事
・子供の同伴をしない事
・オーストラリア国外からビザ申請をする事
・保険手配(日本の保険 *ワーホリビザの場合OSHCの強制加入はありません)
・航空券手配
・パスポート
・費用AU$450(2018年現在)
・学校の入学許可書(学校を併せて申請する場合)

 

学生ビザ コース料金比較
(25週間の場合)

語学学校A
特徴

世界最大規模のネットワークを持つ語学学校
留学生の受け入れ体制が万全
留学生の満足度が高い学校 留学生向けのアクティビティが豊富
こんな人にオススメ

海外留学が初めての人
様々な国の人と学びたい人
綺麗な施設で勉強したい人
クオリティの高い教育を求める人
コース料金
(週20時間/25週コース)
$9,375
($375×25週)
入学金 $230
教材費
滞在先手配料 $265
ホームステイ
(シングルルーム・6週間)
$1,422
($273×6週)
空港送迎 $150
学校提携保険
*毎月$52〜任意で加入可
25週間の場合の学校費用合計 AU$11,442
≒972,570円

(1オーストラリアドル=85円の場合・税抜き価格)

 

語学学校B
特徴

150ヶ国から留学生を受け入れるグローバル校
独自のカリキュラムで質の高い教育を実現
ビジネススクールもあり、プログラム卒業後、大学院課程まで受講可
こんな人にオススメ

長期の留学を考えている人
ビジネススクールへの進学を考えている人
質の高い教育を求める人
綺麗な施設で勉強したい人
コース料金
(週20時間+5時間/25週コース)
$8,760
($350.4×25週)
入学金 $260
教材費 $375 ($15×25週)
滞在先手配料 $260
ホームステイ
(シングルルーム・6週間)
$1,800
($300×6週)
空港送迎 $150
学校提携保険
*毎月$51〜任意で加入可
25週間の場合の学校費用合計 AU$11,605
≒986,425円

(1オーストラリアドル=85円の場合・税抜き価格)

 

語学学校C
特徴

オーストラリアのリゾート地に立地する語学学校
バイロンベイやサンシャインコースト、シドニーのマンリービーチなど、オーストラリアを代表するビーチリゾートでの留学を希望する方にオススメ
こんな人にオススメ

リゾート地での留学をしたい人
ゆっくりとした生活を楽しみたい人
サーフィンやヨガなどのアクティビティを同時に楽しみたい人
コース料金
(週20時間+5時間/25週コース)
$9,750
($390×25週)
入学金 $200
教材費 $300
滞在先手配料 $165
ホームステイ
(シングルルーム・6週間)
$1,800
($300×6週)
空港送迎 $120〜
学校提携保険
*毎月$51〜任意で加入可
25週間の場合の学校費用合計 AU$12,335
≒1,048,475円

(1オーストラリアドル=85円の場合・税抜き価格)

 

*ハイシーズンやクリスマスシーズンはコースや滞在料金に追加で料金が発生する場合がございます。
 

オーストラリア留学の各種情報

オーストラリアについてAbout AUSTRALIA


オーストラリア基本情報

現在オーストラリアは治安が良く、すごしやすいことから非常に人気の高い国です。
各国からの外国人留学が多いのもオーストラリアの特徴で、大学・大学院、語学学校、専門学校の外国人学生受入数が多いですが、日本からは語学留学が一番多いという特徴もあります。
また留学生が多いこともありカリキュラムは幅広く、多種多彩で高度な専門内容を学ぶことが出来ます。
特に日本人に人気が高いのは英語教授法や語学進学とサーフィンなどのマリンスポーツを組み合わせたカリキュラムです。
選択肢が多いので、自分に合ったぴったりのプログラムを探すことができます。

首都 キャンベラ(Canberra) 時差 +1時間
人口 約2378万 面積 7,692,000 km²
通貨 オーストラリアドル 公用語 オーストラリア英語
飛行時間 約9時間(シドニー) 渡航者数

周辺施設・観光地

その他の留学国について

トップへ

友だち追加