カナダ留学はWLP!人気都市はモントリオール、トロント、バンクーバー

貴方だけのオーダーメイド留学をご提案。
カウンセリングから渡航中まで一貫サポートいたします。

カナダCANADA

カナダ留学情報

カナダ留学で最も人気が高いのが、バンクーバー、トロントの2拠点になります。その他でもブリティッシュコロンビア州、オタワ、モントリオールへの各地域の特徴に合わせたライフスタイルを味わえるという事で、各地域の生活を楽しみにながら留学が出来る事も人気の一つです。
一番のメリットはアメリカ英語を学ぶことが出来ることです。
週末のアクティビティなどでは、すぐにアメリカにも行くことができます。

また、ビクトリア、ケロウナ、カルガリーなど、留学先としてご紹介ができます。
カナダは移民の国ですので、人種差別もなく、バンクーバーなどは世界一住みやすい都市に選ばれることも多いです。履歴書に性別を書かないぐらいです。

カナダ留学の人気の理由はワーキングホリデーがあることも大きいです。ただし、最近は現地の人たちの就職を優先するために、ワーキングホリデーに人数の規制が入ってしまったので、随時、ワーホリの受け入れを行っている期間をチェックする必要もあります。

豊かな自然と都市の融合した綺麗な街と治安の良さがあり、ゆったりとした心が寛大な人達と共存できますので、安心して留学が出来ます。

 
 

よくある質問

 

カナダはどういう国なの?

カナダは日本からの留学で近年留学先として人気が急上昇している国の一つです。

カナダは寒く1年中雪が降り注いで寒いという印象を持たれる部分もありますが、カナダの夏はとても暖かく、温暖な気候でバンクーバーなどの地域では家の中では半袖で過ごせる程です。

またカナダの東側の地域ではフランスの文化が根強く残っており、モントリオールなどの地域では語学学校で英語+フランス語を学べるほど、現地ではフランス語が飛び交っています。

カナダの魅力は?

カナダ留学の魅力は、なんと言っても日本では見られない広大な土地や多くの観光地、そしてスノーボードやスキーを楽しめる雪山や、ビーチなど多くの魅力を感じる事ができるというところです。

 

・カナダ人は大らかで優しい性格の方が多く留学生にも寛容です。

 

・国として教育の質が高く、UBCやトロント大学など数々の有名大学で勉強をするチャンスがあります。

 

・ワーキングホリデービザでは学校に通いながら働く(アルバイト)事が出来ます。

カナダ留学の各種情報

留学人気都市

トロント モントリオール バンクーバー ビクトリア カルガリー

注目記事

インタビュー

カナダワーホリ・バンクーバー カナダ留学費用について留学経験者エミさんにインタビュー! 2019/06/10 トロントでバリスタ修行?!カナダでのワーホリを実らせたNさんにインタビュー 2018/04/23 日本人が少なく職豊富!カナダの「カルガリー」でワーホリ&留学 2018/06/25 人種のるつぼ!バンクーバーでスキルと英語力を磨くインターン報告  2018/08/09

新着記事

カナダ留学 選ばれる理由 カナダ留学 選ばれる理由トップ5 2019/06/11

留学主要都市

カナダのビザ情報

カナダのビザ

◆観光ビザ留学の場合

eTA(Electronic Travel Authorizations:電子渡航認証)を取得する事で6ヶ月までの渡航及び就学をする事が出来ます。

基本的に日本国籍の方はビザが必要のないいわゆる「ノービザ」で滞在をする事が出来ますが、2016年3月よりカナダに渡航する日本人はこのeTA($7)の取得を義務付けられているため、渡航の際は申請を忘れないようにして下さい。

申請はその時のタイミングや時期によりますが、遅くても出発の3日以上前に申請をする事をオススメします。

また6ヶ月以上の渡航を希望する場合はビザを申請する必要があり、観光ビザで語学学校に通う場合は語学学校の申込み期間が半年以下である証明をする必要があります。

手続き方法
・オンライン申請サイトから手続き(カナダ政府ホームページ:カナダeTAについて
・費用CA$7
・*往復の航空券の取得が必要

観光ビザで出来ること
・6ヶ月以内の就学
・観光や友達に会うための滞在
・賃金が発生しないボランティアなど

観光ビザで出来ないこと
・6ヶ月以上の就学
・賃金が発生するボランティアやアルバイト
・賃金が発生するインターンシップなどを含めたプログラムなど

 

◆学生ビザ留学の場合

カナダで6ヶ月以上語学学校やカレッジ、大学などで就学をする場合、学校での就学期間に応じてカナダで勉強をしても良いという許可証、学生ビザ(就学許可書:Srudy Permit)を申請する必要があります。

 

カナダで学生ビザを取得した場合、高校や大学などのフルタイムで勉強する学校に通っている場合は、学校以外の場所で20時間/週就労(アルバイト)をすることが出来ます。

 

学生ビザを取得した場合、学校終了後1ヶ月~3ヶ月間滞在許可をもらえます。またアメリカ経由での入国や、ワーキングホリデービザへの審査が容易になります。

Co-opプログラム
学生ビザで専門学校や大学で勉強する際に、就学だけでなくカナダで職業体験が出来るようになる「就労許可証:Work Permit」があり、現地で就学+職業体験(インターンシップ)をすることも可能です。

学生ビザ申請に必要な事
・2~3ヶ月間の申請期間
・学校決め
・航空券手配(片道でOK)
・パスポート
・英文残高証明書(CA$10,000以上)
・預金通帳のコピー(過去の履歴がわかるもの)
・親の同意書(自分の資産で無い場合)
・学校の入学許可書
☆バイオメトリスク認証(2019年より在日カナダ大使館で指紋認証をする必要あり)

◆ワーキングホリデービザ留学の場合

カナダのワーキングホリデーはカナダ国内で最大1年間(12ヶ月間 *延長無し)滞在することが許され、就学(6ヶ月以内)、就労(社員・アルバイト)、ボランティア、職業体験(インターンシップ)をすることが出来ます。

 

年齢制限は18歳~30歳(申請時に30歳であればOK)、過去にカナダのワーキングホリデーのビザの発給をしたことがないという条件をクリアすれば日本人であれば申請をすることができます。

申請に必要な事
・1ヶ月以上の申請期間
・年齢(18歳~30歳*申請時に30歳であればOK)
・過去にワーキングホリデービザで渡航したことが無い事
・子供の同伴をしない事
・カナダ国外からビザ申請をする事
・航空券手配(片道でOK)
・パスポート
・英文残高証明書(CA$2500以上)
・学校の入学許可書(学校を併せて申請する場合)
☆バイオメトリスク認証(2019年より在日カナダ大使館で指紋認証をする必要あり)
・観光ビザからワーホリビザへ切り替える場合バイオメトリスク認証の指紋認証を国外でする必要があるため、アメリカなどのビザセンターで指紋認証をする必要あり。

 

学生ビザ コース料金比較
(25週間の場合)

語学学校A
特徴

カナダ最大規模の老舗学校
カナダに4つのキャンパスを保有。キャンパスの移動も可能
英語、試験対策などプログラム豊富
こんな人にオススメ

国際色豊かに勉強したい
アカデミックな勉強をしたい
IELTSなどの試験対策など英語をしっかり勉強したい
コース料金
(週20時間/25週コース)
$8,125
($325×25週)
入学金 $150
教材費 $250
($10×25週)
滞在先手配料 $250
ホームステイ
(シングルルーム・6週間)
$1,290
($215×6週)
空港送迎 $100
25週間の場合の学校費用合計 CA$10,165
≒¥813,200

(1カナダドル=80円の場合・税抜き価格)

 

語学学校B
特徴

カナダ最大数の多種多様な語学プログラム
英語とフランス語を学べる学校
とにかく楽しい雰囲気、アクティビティが多彩な語学学校
こんな人にオススメ

ワーホリにおすすめ
勉強と遊びを両立したい人
授業時間が少ないコースもあり
コース料金
(週20時間+5時間/25週コース)
$8,125
($325×25週)
入学金 $150
教材費 $240
滞在先手配料 $220
ホームステイ
(シングルルーム・6週間)
$1,380
($230×6週)
空港送迎 $110
25週間の場合の学校費用合計 CA$10,235
≒¥818,800

(1カナダドル=80円の場合・税抜き価格)

 

語学学校C
特徴

アクティビティの数が豊富
教育の質の高さは定評あり
同じ学校の留学生との学生寮あり
こんな人にオススメ

アクティビティをメインに留学をしたい
様々な国の留学生と友達になりたい
スポーツや課外活動で友達を作りたい
コース料金
(週20時間+5時間/25週コース)
$7,625
($305×25週)
入学金 $130
教材費 $250
滞在先手配料 $220
ホームステイ
(シングルルーム・6週間)
$1,470
($245×6週)
空港送迎 $115
25週間の場合の学校費用合計 CA$9,810
≒¥784,800

(1カナダドル=80円の場合・税抜き価格)

 

*ハイシーズンやクリスマスシーズンはコースや滞在料金に追加で料金が発生する場合がございます。
 

カナダについてAbout CANADA


カナダ基本情報

留学生に人気の高いカナダ。
理由として、自然環境の豊かさや治安の良さなどが人気の理由の一つです。

国土はロシアに次いで世界第2位と広大なので、カナダと言っても地域によって様々の文化や人種の人が入り混じっている国でもあります。

公用語は世界でも珍しく、英語とフランス語を使用したバイリンガル国家です。
ただ地域によって英語が主流だったり、フランス語が主流だったりするので注意が必要です。
しかし逆に言えば1つの国でそれだけ広範囲に体験できるので、多くの文化、言語に触れたい留学生にはオススメの国です。

人気の高いカナダですのでプログラムは多種多彩で、 カナダの大自然の中で学べるのも人気の理由です。
イギリス、アメリカ、フランスなどに比べ、物価が安く費用を抑えられることから、多くの海外受入学生が語学学習を目的にやってきます。

首都 オタワ(Ottawa) 時差 -17時間
人口 約3,161万人 面積 997.1万平方km
(世界第2位/日本の約27倍)
通貨 カナダドル 公用語 英語・フランス語
飛行時間 約9時間(バンクーバー) 渡航者数 8,189人(2015年)

周辺施設・観光地

その他の留学国について

トップへ

友だち追加