留学・海外旅行はWLPにお任せください!国別、年齢別、目的別で様々なプランをご用意しております。

貴方だけのオーダーメイド留学をご提案。
カウンセリングから渡航中まで一貫サポートいたします。

スペイン・バルセロナ留学【オトナ・社会人留学にも人気】トレンド・アート・観光・食・音楽・文化を大満喫!

スペイン・バルセロナは、スペイン語留学先としてとても人気の高い街です。
首都マドリッドに続くスペイン第2の都市で、イタリア・フランスなどのヨーロッパ諸国と近いことから海外旅行へのアクセス抜群。
交易を通じて培われた国際色豊かな街で、ファッション・音楽・文化・食・建造物・トレンドすべてにおいて最先端を行きます。
サグラダファミリアやグエル公園、カタルーニャ広場、ゴシック地区、オリンピック港、ランブラス通りなどなど、観光スポットを挙げればキリがありません。
現在そんなバルセロナには年間約3200万人(人口の20倍!)もの観光客が押し寄せている状態で、あまりの観光客の多さにバロセロナでは2020年度に向けた「観光客削減」に乗り出し始めたほど…。
それほどに、魅力的な街であると同時に、今後は観光・留学が一層困難になる事態も考えられます。
バルセロナ留学を検討するなら今が最適かも?!
バルセロナ留学だけの魅力を余すことなくご紹介しましょう!

バルセロナの基礎情報

気候

日本と同じように四季があり、最適気温4度前後~夏になると30度を超える日もあります。
ただ、湿気が低く降水量が少ないため年間を通して過ごしやすい気候だと言えるでしょう。

言語

バルセロナでは一般的にスペイン語として知られているカスティーリャ語、そしてカタルーニャ州の公用語カタルーニャ語(カタラン語)が公用語として使用されています。
東京の標準語と大阪弁以上に違った言語になるため、スペイン語オンリーにどっぷり浸かりたい場合には少し注意が必要かもしれません。
ただカタルーニャ語が話せなくても、意思疎通が難しくなるといったことはありません(ほとんどの方がバイリンガルなため)。
カタルーニャ語も文化の1つだと開き直ってバルセロナを満喫してみると、バルセロナの魅力や面白さを再発見できるかも知れませんね♪

交通機関

主要観光地へのアクセスがとても良い地下鉄の他に、主要工業地帯、ショッピングセンター、住宅地へのアクセスに優れたトラム、市内バス、タクシーなど、様々な交通機関が用意されています。
車がなくても移動が簡単なので、とても住みやすいですよ。

日本からのアクセス

日本との時差は日本時刻より−8時間、サマータイム中は−7時間です。
2018年11月現在、日本からバルセロナへの直行便はなく、ヘルシンキやロンドン、フランクフルトなどで乗り継ぎが必要になります。
日本⇔バルセロナ間の移動時間は16時間~が目安です。
※直行便が近年できるといった話もあるようです。

物価

ヨーロッパは全体的に物価が高いと言われますが、バルセロナの場合はどうでしょうか?
世界の所得ランキングでスペインの国民一人あたりの平均所得は428万で20位、日本は456万円の18位でその差は僅か6%にしかなりません。
よって予想を裏切らない結果となりますが、物価は安いとは言えません。
ホテルでの宿泊費は日本とほぼ変わりませんし、外食ともなれば日本以上にお金がかかります(例:日本でのランチ600~1,000円。バルセロナでのランチ1,400円~)。
ただ、自炊する分にはお野菜や肉類は日本の1/3~半額程度で手に入りますし、交通費は日本と比べて高くはないので上手にやり繰りすれば節約することも可能でしょう。

アート好きが集まる「アートの街」バルセロナ

サグラダファミリア、グエル邸、グエル公園、カサバトリョ、カサミラなどアントニ・ガウディの建築物はもちろん、ピカソやミロ、ダリなどの多くの芸術家を輩出しているバルセロナでは、街中がアートに溢れています。
斬新でカラフルなアートが身近にある街バルセロナで、気が向くままに街探索をしてみては?

見どころ満載!政府が観光客削減を目指すほど?!観光客で賑わう街

歴史的な街並みが広がる旧市街、オリンピックスタジアムや噴水のパフォーマンスが楽しめるモンジュイック地区、いたるところにある美術館や博物館、サッカースタジアムなどなど、見所は尽きるところを知りません。
短期滞在ではとても見尽くせないため、「もっとゆっくり見たかった」「じっくり鑑賞したかった」という欲が出てきて、リピート観光をする方も多い模様。
人口の20倍もの観光客が押し寄せるのも納得な観光都市、それがバルセロナなんですね。

海と山に囲まれて自然へのアクセス抜群

バルセロナは海と山に囲まれた街です。
地下鉄バルセロネータ駅から徒歩15分ほど、大都会にあるビーチ「バルセロネータ」をはじめ、サンツ駅から国鉄近郊列車(Renfe)で約1時間の場所にあるカレーリャ(Calella)など。
絶景オーシャンビューや海水浴を楽しめるスポットがたくさんあります。
山の有名ところと言えば標高1,241mのモンセラット(ギザギザな山)。
アクセスはバルセロナから1時間弱で、あのガウディが足しげく通ったパワースポットとして知られています。
有名な黒いマリア像がある「モンセラット修道院」も併せて観光してみてくださいね。

割と気軽に海外旅行ができちゃう!観光拠点としてもオススメ♪

バルセロナはイタリアやフランスなどのヨーロッパ各国へのアクセスにすぐれた立地にあります。
だいたい3時間程度で着くので、機内泊の必要はありませんし、世界一強いと言われる日本パスポートを持っていればほとんどのヨーロッパ各国で30日以内の観光滞在が認められています。
シーズンを上手く見極めればイタリアまで格安航空使用で往復5,000~1万円で行けてしまうことも!
バルセロナを観光拠点として、気軽に海外旅行を叶えることも夢ではありません。

ご飯がずば抜けて美味しい

海外生活の中で気がかりなのが、食ではないでしょうか?
バルセロナでは野菜や肉類が豊富にあり、ご飯の種類が豊富、海もあるので魚介類も問題なく手に入ります。
国によっては、生きるために必要だから仕方なく料理をして食べるといったところもありますが、スペインバルセロナでは、美味しく食べてこその料理。
素材の風味を引き出す料理が得意で、どれも日本人の口に合う味付けばかりなので、日本食が恋しくなる間もなく滞在を満喫される方が多いようです。

買い物だって楽しすぎる!

バルセロナの街を歩いていれば、必ず可愛い雑貨屋さんや、セレクトショップなどを目にすることでしょう。
エルメス、ルイヴィトン、プラダ、グッチなどの高級店が立ち並ぶ「グラシア通り」。
気軽にウィンドウショッピングをしたい時にはエル・コルテ・イングレス、ディアゴナル・マル、アレーナス・デ・バルセロナなどの大型ショッピングモールもおすすめ。
ZARAやDesigual、MANGOなどのスペイン発ブランドでは日本未発売も多数あるので、気になる方はぜひチェックしてみて♪

バルセロナ留学の魅力

スペイン語を話せることの恩恵がスゴイ!

世界でもっとも話されている言語といえば、中国語。
続いて2位に英語、そして3位にスペイン語と続きます。
中国語が世界でもっとも話されている理由は単純。人口が多いからです。
ただし、中国語が使える範囲はもっぱらアジア圏に限定されます。
続いての英語は英語を第2言語として取得する方が多いことから、母国語として話されるスペイン語よりも若干多く話されているとのこと。
スペイン語を獲得することのメリットは、英語圏以外で意思疎通がしやすい言語ということです。
たとえば、イタリアやフランス、ポルトガルはスペイン語と同じラテン系言語なので何となく通じてしまいます。
他のヨーロッパ言語が学びやすくなる、いざという時に通じる言語というメリットから、スペイン語を学ばれる方も多いです。

語学だけじゃない!ビジネス、アート、デザイン、ダンス、料理、音楽など幅広いコース選択可

音楽・アート・ビジネス・トレンド・料理・デザイン・ダンスetc… 様々なテーマで注目を集めるバルセロナ。
だからこそ、留学コースが多彩に用意されています。
「言語だけではなく、自分の趣味や興味のある分野も学びたい!」
自分のライフスタイルや時間の使い方に拘りの出てくるオトナならではの留学先としても、高い人気を誇ります。

グローバルな環境でスペイン語が学べる

バルセロナには、とくにヨーロッパ各国からの留学生が多く在籍しています。
そのためグローバルに友達を作りたいという方にとてもおすすめ。
ただ、スペイン語を学びに来る学生は現地の方ではないため、現地の友人を作りたいのであれば、日本語交流会など積極的に外部イベントに顔を出す必要があります。

まとめ

スペイン・バルセロナ留学についてご紹介しました。
少しでも興味を持って頂けたでしょうか?
バルセロナには美味しい食事、飽きることのないアート、音楽、ダンス、観光名所など、イベントが盛りだくさんにあります。
そんな楽しすぎる環境の中でスペイン語を学び・習得し、使えるようになれば、ヨーロッパ・アジア・中南米どこにでも旅行に行けそうですよね。
本記事だけでは触れられなかった魅力ポイントや観光スポットもあるので、詳しくはぜひ弊社の留学アドバイバーまでお気軽にご相談ください。

8周年キャンペーン

トップへ

友だち追加