留学・海外旅行はWLPにお任せください!国別、年齢別、目的別で様々なプランをご用意しております。

貴方だけのオーダーメイド留学をご提案。
カウンセリングから渡航中まで一貫サポートいたします。

新旧の伝統と複数の文化が交わる街・モントリオールの留学

美しい街並みと多言語環境はココだけ!カナダ モントリオール留学&ワーホリの魅力

カナダ第2の都市であり、フランスはパリに次いで2番目に大きいフランス語圏の都市、モントリオール。フランス旧植民地時代の背景を色濃く反映したヨーロッパ街並みを彷彿とさせる旧市街もれば、ダウンタウンエリアには近代的な高層ビルが立ち並ぶ新旧の調和が美しい街として知られています。
英語、フランス語のどちらも日常的に使用されているというのも、他の都市とは違う魅力であり面白さでしょう。カナダはモントリオールでの留学、ワーホリの魅力をご紹介します。

美しいヨーロッパ風の街並みを楽しめる

カナダの東部、ケベック州にある都市モントリオールではフランス植民地時代の名残りが漂う北米の印象とは全く違うヨーロッパの美しい街並みを楽しむことができます。旧市街にある「ジャック・カルティエ広場」を中心に「市庁舎」や荘厳なバロック建築でステンドグラスが美しい「ノートルダム大聖堂」、高級デパート「ボンスクール・マーケット」などなど見所はタップリで。カナダにいながらヨーロッパにいる様な感覚になりますよ。
ケベック州はカナダの東側(フラン語圏より)に位置するため、街中の表示はフランス語表示が多いですが、90% 以上の人が英仏のバイリンガルで、50%は英語を母国語としています。そのため、英語での意思疎通に困ることはありません。
旧市街の美しい街並みにフランス語で会話をする人々、ヨーロッパそのものの風景を楽しむことができるのはココだけの魅力です。

旅行をしやすくアクセスが良い

モントリオールはトロントよりもニューヨークやボストンに近く、またカナダの首都のオタワまでバスで 2 時間、トロントまで 6 時間と近く他都市へのアクセスが簡単です。
生活費の安いモントリオールでしばらく生活をしてから、気軽に他の都市へ移動することも可能なのがモントリオール留学・ワーホリの魅力の1つだと言えるでしょう。休暇を利用して小旅行に行きやすいのも嬉しいですよね。例えば、ケベックシティ、オタワ(カナダの首都)やローレンシャンであれば日帰り旅行ができる位置にあります。

魅力?それともでデメリット?モントリオールの気候

魅力?それともでデメリット?モントリオールの気候
モントリオールはカナダの東部に位置しているため、四季がハッキリしていて冬になると寒さは厳しくなります。冬場であれば-10度を下回り雪が降ることも珍しくありません。夏は30度を超えることも多く湿度も比較的に高いため、蒸し暑い日が続きます。日本以上に四季の変化を実感する方も多いことでしょう。寒さが苦手…と言う方には向かないかも知れませんね。
ですが、冬の寒さが厳しいからこそ、夏になると沢山のイベントが行われにぎわいます。例えば、ギネスブックにも認定されている世界最大級のジャズフェスティバル「モントリオール国際ジャズフェスティバル」は見ものです!ビールを片手に陽気な音楽を聴きながら、モントリオールの夏を楽しんでみてはいかがでしょうか?6月最終週~7月第1週の期間限定。モントリオールの中心街で行われます。
秋は紅葉、冬にはアイススケートやスキーといったウィンタースポーツも楽しめます。厳しい四季の変化があるこそのメリットとも言えるでしょう。

留学の穴場!フランス語も英語も両方学べる

モントリオールを留学先に選ぶとどのような魅力があるのか見ていきましょう。

2つの言語を学べる

モントリオールではフランス語と英語が公用語となっています。そのため、モントリオールの語学学校の多くはフランス語コースと英語コースの両方を同時に開講していて、どちらの言語でも本格的に学ぶことができます。放課後に英語やフランス語教室を無料で開講することも珍しくなく、英語とフランス語を学校と日常生活シーンの両方から学び取ることができる環境にあります。

日本人が少ない

モントリオール=フランス語圏というイメージが強いためか、英語を学びにくる日本からの留学生は少ない状態です。学生の割合で言えば5%前後の割合でしょう。
「留学をしにきたのに、結局日本人の友達とつるんで英語を話す機会がすくなかった」という事態になりにくい環境だと言えます。こうした背景もあり、モントリオールに留学する学生は短期間で英語が上達せざるを得ない状態となり、学習充実度が高い傾向にあります。

カナディアンの友達を作りやすい

モントリオールから郊外に出ると、フランス語を第1言語にするカナディアンも沢山います。第2言語として英語を学ぶために語学学校に通うカナディアンも少なくないのです。現地の友達と肩を並べて英語が学習できるというのは、数ある留学先の中でもとても珍しいケースです。

ワーホリは英語中レベル以上・フランス語が話せる人には最適

フランス語と英語が主に話されていますから、少なくともどちらかの言語で問題なく会話が出来るレベルであれば仕事先を探すのは難しくありません。特にフランス語が話せるとより有利になるかと思います。ただしトロントやバンクーバーと言った都市に比べるとやはり求人率は少なくなります。時期やタイミングにもよりますが、カフェやレストラン、事務職などの求人を見つけることが出来るでしょう。

ちょっと疲れた時に一息、モントリオールの観光名所

モントリオールに来たら観光したい!お勧めスポットをご紹介します。

ノートルダム大聖堂(Notre Dame Basilica)

ノートルダム大聖堂
ゴシック様式のカトリック教会として約190年の歴史を誇る大聖堂です。外観からは普通の教会のように思えますが、内部の美しい装飾やステンドグラスから差し込む神秘的な光が作り出す荘厳さに魅了されることでしょう。教会内にある約7000本のパイプオルガンは世界最大級の大きさと言われ、コンサートも開かれています。

モントリオール市庁舎(Hôtel de Ville de Montréal)

モントリオール市庁舎
1878年に完成したカナダで一番最初に建設された市庁舎。カナダにおける第二帝政期建築を代表する建物として知られ、カナダ国定史跡に指定されています。1922年の火災で建物の中側が全焼したため現在の建物は修復工事されたものです。1階が一般公開されていて、無料のガイドを頼むことも可能です。

聖ジョセフ礼拝堂

聖ジョセフ礼拝堂
モントリオールの中央にそびえるロワイヤル山の斜面に、周囲の街を見下ろすように堂々と建っているイタリア ルネッサンス様式のサン ジョセフ礼拝堂。3000 席のモダンな礼拝堂はカナダの中でも一番の大きさで、97メートルのドーム型屋根はバチカン市国にある、サン・ピエトロ大聖堂に次いで世界第2位のスケールを誇ります。

ローレンシャン高原(Laurentian Mountains)

ローレンシャン高原
モントリオールから車で約1時間の場所に位置する高原地帯です。秋にもなると深いメープルの紅葉がきらめく湖沼に反射しモントリオールならではの四季を満喫できます。夏の新緑のシーズンや冬のスキーシーズンにも多くの観光客で賑わうリゾート地なので、観光客が絶えることはありません。
モントランブランの山頂へはゴンドラが掛かっていて、頂上からの風景を楽しめます。

パルク・デュ・モン・ロワイヤル(Parc du Mont Royal)

有名デザイナー,フレデリック・ロー・オムステッド氏がデザインした美しい公園で、モントリオールの自然と街並みを全身で感じることのできる場所です。雰囲気はまるで、ニューヨークのセントラルパーク。小高い丘からはモントリオール市内を一望できる絶景が待っている他、「モン=ロワイヤルの十字架」 「カヌトール湖」 「シャトー・モン=ロワイヤル」 「ジョージ・エティエンヌ・カルティエの像」などの見どころスポットも満載です。
ジョギングをしたい時、ふと自然を感じたい時などに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

\ 先着5名様限定!! /

最大10,000円キャッシュバック!

往復バス代が無料※本州のみ 8周年ウェルカムキャンペーン ご利用条件を見る

トップへ

友だち追加