留学・海外旅行はWLPにお任せください!国別、年齢別、目的別で様々なプランをご用意しております。

貴方だけのオーダーメイド留学をご提案。
カウンセリングから渡航中まで一貫サポートいたします。

【アジアリゾート セブ島】 企業研修に大人気!「社会人留学専門校」に2週間留学 インタビュー

2018年11月14日

留学先 セブ島
留学のタイプ 社会人留学
留学期間 2週間
今回インタビューに答えてくださった方 男性 Tastuyaさん 37歳

安くて気軽に行けて、リゾート気分も味わえると人気のセブ島(フィリピン)。
学生人気の高い留学先ではありますが、最近では社会人留学専門の語学留学校が登場!
「社会人留学専門校」では生徒が全員社会人なので、人脈作り・情報交換の場になるともに、短期間でビジネスに生かせる英語を学べる環境とカリキュラムに定評があります
日本の大手企業の企業研修先としても人気が高い「社会人留学専門校」での留学を終えて帰国されたTastuyaさんにお話を伺うことができました!

フィリピン留学を決められたきっかけ・目的について教えてください。

僕は外資系IT会社でエンジニア職をしています。
ちょうど会社で英語学習を推進するような働きがあって、応募。
企業研修の一環で、語学留学のチャンスをもらい人生初の留学に挑戦することになりました。

いろいろ自分で選べたのですが、フィリピンに決めたのは、社会人のための語学学校があり、効率的にビジネス英語を学べる場所があると教えてもらったからです。
フィリピンはとくに、第2言語として英語を習得した先生が多いため日本人への教え方が上手とも聞きました。
あまり英語に自信がなかったためマンツーマン授業が充実しているという点でも、あと時間的にも近場で指導のしっかりしたフィリピン セブ島が良いんじゃないかなと。

フィリピンは語学学校が無数にありますが、どういった基準で選ばれたんでしょうか?

前に話した点と少しかぶりますが、まずビジネスに必要な英語を効率的に学べる環境があるか。
次に、生活環境が整っていて暮らしやすいか。WIFIとか使えないと仕事上きついので、その辺もかなり重視しました。
今回通うことになった語学学校は社会人限定なので浮ついた気持ちで留学に来る人はいませんし、落ち着いた環境で学習できて満足しています。

学校の授業はどんな感じでしたか?

元からきまったカリキュラムなどはなく、オーダーメイドで授業を作ってもらえます。
いろいろな授業の作り方ができますが、僕の場合は1コマ50分で1日あたり7コマ。1コマを除いてマンツーマンのレッスンで、その1コマはグループクラスでした。
発音、スピーキング、ビジネス英語、文法、ライティング、リスニング、ディスカッションなどがあります。
とくに仕事でつかえる英語力をつけられるよう、スピーキング力を伸ばす授業を目指してカリキュラムを組んでいきました。

学校の設備など過ごしやすさはどうでしたか?

WIFIは不安定な時もありましたが、問題なく使用できました。
もともとホテルとして使用されていた場所を使っている学校なので、その辺のホテルよりもずっと清潔感があって快適。
バランスの整った食事が出される食堂もあり、学校内に寮があるのでとにかく便利でした。
ジム・プール・洗濯機・乾燥機など生活に必要なものがちゃんと揃っていて、安全な立地なので買い物に出かけるにも安心でしたね。

放課後や休日はどんな風に過ごされたんでしょうか?

18時くらいから先生たちと観光にでかけることもありましたし、週末になればスキューバダイビングなどのマリンスポーツを楽しみました。
滞在が2週間だったので、観光よりは英語学習に充てる比重の方がずっと多かったですね。
でも、それでも日本ではなかなかできないリフレッシュも兼ねられて大満足です。

留学を終えて、「留学前に準備しておけばよかった」など何か後悔はありますか?

強いて言えば、単語力です。
自分の言いたいことがあって文法的には分かるのに、単語が出てこないがために伝えられないシーンが結構あって、単語をもう少しインプットしてから学習すれば効率が上がったような気がします。
単語帳なんかを買えば日本でもできたことですしね。

最後に、ここが残念だったという点があれば教えてください。

語学学校の設備はとてもよく、社会人ばかりなので面白い出会いもありましたし、よい意味で刺激にもなりました。
ただ、僕の通っていた学校では6割くらいが日本人なので、どうしても生徒同士で会ったりすると日本語を使ってしまいます。
グローバルに知り合いを作りたいという場合には向かないかもしれません。
僕の場合は、ビジネス英語を効率的に快適な環境で学ぶことだったので、特に不満に感じたわけではありませんが、何を求めて・期待して留学するのかによっては、見方がかわってくるかも知れませんね。

2週間という短い滞在期間ではありましたが、「英語を学びに来ている、仕事に生かす」といった決意と周りのモチベーションからバケーション地ならではの解放感に負けずに上手なバランスで学習できたとのこと。
周りの環境もやはり大切なようです。
Tastuyaさん、このたびはインタビューを受けてくださりありがとうございました!

セブ留学については、お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせはこちらから:お問い合わせ

\ 先着5名様限定!! /

最大10,000円キャッシュバック!

往復バス代が無料※本州のみ 8周年ウェルカムキャンペーン ご利用条件を見る

トップへ

友だち追加