留学・海外旅行はWLPにお任せください!国別、年齢別、目的別で様々なプランをご用意しております。

貴方だけのオーダーメイド留学をご提案。
カウンセリングから渡航中まで一貫サポートいたします。

大人気のゴールドコースト留学、成功するための秘訣を現状から分析!

2020年3月9日

大人気のゴールドコースト留学、成功するための秘訣を現状から分析!

大人気のゴールドコースト留学について

人気のゴールドコーストに留学してみたいけど、ゴールドコーストの魅力って?一ヶ月の生活費ってどのくらいなの?など現地情報を知っておきたい人のために、オーストラリア在住者であり5年間ゴールドコーストに住んでいた私から見えたリアルなゴールドコーストライフを失敗談も加えていくつか紹介させてもらいますね。

ゴールドコーストの魅力とは?

・世界中からの留学生が多く友達がたくさんできる
・ローカルの人がフレンドリー
・他の大都市に比べると比較的生活費が安め
・気候がいい
・日本語医療サービスがある
・海が近くサーフィンやSUPなど手軽に出来る
・テーマパークなどもあり遊ぶところがたくさん

このような感じでしょうか?ゴールドコーストという都市は便利で遊びも楽しいという魅力がありますね。こんなことを聞くといいことばかりじゃないの?と思ってしまいますが、英語の勉強という留学目的を考えたらやはりデメリットもあります。ではどんなデメリットがあるのか生活の中から考えていきたいと思います。

生活費はどのくらいなの?

生活費はどのくらいなの?

シドニーなど他の大都市に比べると比較的安く抑えることはできますが、そこまで安いとは言えません。家賃に関しては一部屋に数人住むルームシェアから個人部屋を借りる場合などで金額の差がかなり見られます。週に130ドルから250ドルくらいで探すことができます。

リゾートタウンであるゴールドコーストでは

・プール
・ジャグジー
・サウナ
・ジム
・テニスコート

など設備が素晴らしい高層コンドミニアムに住むなんてことも夢ではないです。大人数で住む格安のシェアハウスからホームステイ、寮までと幅広く物件の種類は豊富な方だといえます。

食費はというと日本食は食材からレストランまで豊富で、手軽にラーメンや焼肉、寿司なども食べれて食事に関しては困ることはないですが、日本の安い定食屋のような10ドル以下で食べられる外食はほとんどありません。日本に比べるとオーストラリアの食費は高めと思っていた方がいいかもしれません。自炊して安く抑えるためには、週末に各地で開催されているファーマーズマーケットで採れたて野菜を買いだめするという方法もあります。量は多いですが、安くて美味しい!安いついでにローカルの人達と交流するこができ、とても楽しいのでおすすめしたい節約法です。

アルバイトできるから資金は少なめでも大丈夫?

学生ビザでも働くことが可能なので実際アルバイトをしている場合が多いようです。ゴールドコーストは日本人経営のお店もたくさんあるので探しやすいのですが、日本語だけの環境になってしまうこともあるので、英語や文化を学ぶためにはぜひローカルでのお仕事にチャレンジすることが英語の伸びのためには必須になってきます。その場合はやはり高めの英語力が求められるので留学中に働いてみたい場合は、日本にいる時から出来るだけ英語を勉強してからいくことをお勧めします。最近はオンラインレッスンなど自由な時間に学習することもできます。時期によってはなかなか見つからない時もあるので、アルバイトにあまり期待しすぎず資金はなるべく多めに用意していく方が余裕ができて、いい職場が見つかるかもしれません。

学校選びの失敗ってあるの?

安さに惹かれて授業内容をきちんと確認しなかったことで、授業内容も時間も良くなかったなど学校選びでの失敗例もあります。なかにはビザ取り学校と言われるほどほとんど実質の授業がない学校もあるので注意しましょう。

では、どんな学校を選べばいいの?どんな学校があるの?

ゴールドコーストには数多くの語学学校があり、どの学校が自分の目的に合っているのかを決めるのが難しいと思っている人もいるかもしれません。数ある学校の中で今回はお勧めできる学校を少しご紹介したいと思います。
まずは大型ショッピングセンターやアジア系のお店が多いサウスポートにあるBrowns English Language School一般英語コースから進学英語コース、アクティビティをプラスしたコースなど様々なコースが用意されています。日本人の割合もそこまで多くはなく真剣に英語を学びたい、そして世界各国のクラスメイトとアクティビティも楽しみたいという人には最適な学校といえると思います。

サーファーズパラダイスの中心部にあり立地も抜群な大手ECグループが経営するEc Gold Coast校(旧エンバシー・イングリッシュ)もご紹介します。IT技術を駆使していて、他ではあまりない効率的な授業を行っているのが魅力です。ここは南米からの留学生の割合が高めで多国籍な生徒が集まっていることや放課後にビーチまで歩いてすぐ遊びに行けるというのも特徴です。学校によって特徴が違うので、しっかりと自分に合った学校を調べて後悔のないようにしてくださいね。

英語の訛りがすごい?

英語の訛りがすごい?

アメリカ英語に慣れてから来ると、始めはホームステイ先で家族の訛りのある英語を聞き取るのが難しいと思うこともあるようです。特に地方に行くと感じてしまう人もいるかもしれません。Aの発音がアイになるという話は良く聞くと思います。その通りでアイと言う人がほとんどです。しかし学校の授業では先生は訛りなく教えてくれます。私は10年ほどオーストラリアに住んでいますが、日本でエイと読む教育を受けて来たので正直わざわざアイとは言わないというか、言えていません。オージーイングリッシュがそこまで自然に話せるようになれれば英語を完璧にマスターできているということかもしれませんね。そしてここは観光業で栄えている都市で外国の人々に慣れているので、心配するような訛りが強い土地ではないように思います。

そんなに天気がいいの?Tシャツとサンダルがあればいい?

住んでいるとよく聞かれる質問なのですが、気候は一年を通して比較的良い日が多く、とても過ごしやすいです。夏はカラッとしていて気持ちの良い日が多いですが、スコールなど雨も意外とたくさん降ります。冬は寒い日もけっこうあるので長期で留学を考えている人は、無駄な買い物を減らすためにも冬服や雨具も持ち物リストに加えておくといいと思います。

英語の勉強で成功をする秘訣とは

英語の勉強で成功をする秘訣とは

在住者の私からアドバイスできることですが、学校で学んだ英語はできるだけすぐ生活の中で使っていくのが大事ということです。メリットにもなりますがデメリットにもなりゆるゴールドコーストの日本人の多さが問題になってきます。日本人に出会うことが多いので日本語に頼りたくなるのですが、自ら意識して英語を生活の中で使っていってもらいたいですね。学校内でも日本人だけでつるんでしまうなどありがちな失敗例ですが、英語を極力声に出して使っていきましょう。間違うのが恥ずかしいなと最初は思ってしまいがちですが、大らかなオーストラリア人は間違いなんて気にしません。特にゴールドコーストの人たちはフレンドリーで優しいので、喜んで受け入れてくれますし、実際に使って通じると自信がつきますよ。

もうひとつは、リゾート地の雰囲気に流されて遊びすぎないで!ということです。
ゴールドコーストは観光客であふれるビーチリゾート地で、たいへんのんびりとした雰囲気です。休みの日を大いに楽しむというのはとてもいいことですが、リゾートの雰囲気に流されてしまいせっかく学びに来たのに勉強をする時間が大幅に減り英語力が身につかなかったなどの失敗例があるようです。

日本からそれぞれの目標を持って来るみなさんにとっての成功の留学とはどのようなものでしょうか?例えば目標が英語力アップというのであれば、どこまでの英語力なのかを具体的にたてて書いてみるといいのかもしれません。しっかりとした目標があれば達成する近道になると思います。

 
LINE@
 

ゴールドコースト留学のお問い合わせはこちらから:お問い合わせ

\ 先着5名様限定!! /

最大10,000円キャッシュバック!

往復バス代が無料※本州のみ 8周年ウェルカムキャンペーン ご利用条件を見る

トップへ

友だち追加