留学・海外旅行はWLPにお任せください!国別、年齢別、目的別で様々なプランをご用意しております。

貴方だけのオーダーメイド留学をご提案。
カウンセリングから渡航中まで一貫サポートいたします。

サンディエゴ留学の費用は高い?安い?1年間のアメリカ留学経験者が告白!

2019年6月5日

サンディエゴ・インタビュー (1)

留学先国No.1!アメリカ留学の費用の実態!

留学先: アメリカ サンディエゴ (カリフォルニア)
留学タイプ: 語学留学
インタビューに答えて下さった方: 20代 男性 リョウさん

今回はアメリカのカリフォルニア、サンディエゴに留学をしていたリョウさんにインタビューしました。

これからアメリカの留学を考えている方は費用のことで詳しい事がわかりますので是非チェックしてください!

こんにちは、早速ですがなぜアメリカのカリフォルニア、特にその中でサンディエゴを選ばれたのですか?

はい、留学をしようと思った時にまず真っ先に浮かんだ留学先がアメリカでした。

その中でもアメリカなら「カリフォルニア」というイメージが強く、カリフォルニアはアメリカの中でもリゾート地という印象もあり、アメリカに行くなら絶対カリフォルニアに行きたい!と思い準備を進めました。

特にその中でもなぜサンディエゴに決めたかというと、ロサンゼルスとサンフランシスコも留学の相談に乗ってもらった時に候補に上がったのですが、両方の地域とも費用が高くつきそう、またロサンゼルスに関しては少し治安の部分で不安要素があり、最終的に費用がこの2つよりも安く生活が出来るサンディエゴに留学先を決めました。

またサンディエゴはビーチリゾートなどもダウンタウンから近く、リゾート地という印象が強く自分はどうせ行くなら暖かい場所が良いなと思い選んだのもあります。

実際に生活してみて留学中の費用はどうでしたか?

はい、正直なところ当初思っていたよりもお金が掛かったというのが1年間生活してみての感想です。

理由としてはアメリカは国の法律で留学生ビザで渡航する人たちは「アルバイトが原則禁止」とされています。

アメリカに留学をした方ならわかると思いますが、学校の申し込みを行い、I-20を学校から発行してもらい、F-1ビザを申請する際に残高証明書の提出が求められます。

これは自分がアメリカに留学する上で、1年間の学校に生活する費用+生活費用を考慮した金額を銀行の口座に入れて置かなければなりません。

つまり、費用面でアルバイトをせずとも1年間アメリカで生活出来る資金がある事を証明しなければならないのです。

ただし面白いのですが「大学のキャンパス内」でのアルバイトはOKです。アメリカの大学は日本の大学と比べキャンパスも広大でいろいろなお店がありますし、現地の大学に通う日本人学生の多くは大学のキャンパス内で働いてました。

なるほど、オーストラリアやカナダなどの他の国と違ってアルバイトで生活費を賄えないのは大変ですね。

そうなんです。自分もこんな事を言うのは恥ずかしいのですが、生活して半分が経った頃に資金が底をついてしまい、両親から生活費を送ってもらっていました。

そのため今は早く会社に勤めて、親に恩返しがしたいです。笑

ご両親もきっとそうしてくれると嬉しいですね^_^
現地での物価はどうでしたか?

アメリカドル

物価に関しては正直こちらもいろいろなものが高い!と言う印象がありました。

例えば住まいに関して言うと、私は現地のアメリカ人が提供をしていたシェアハウスの一人部屋を借りて住んでいたのですが、そこの家賃はUS$600/月位だったので、日本円にすると6〜7万円位でしょうか。

もしルームシェアをする場合だと、家賃の相場は3~5万円位、ホームステイになると8~15万円位といった感じでしょうか。あくまでも私が生活していた上での感想ですが。

また食事に関しても自炊をするならアメリカは基本的にスーパーで野菜やお肉などが大きめのサイズで売られているため、それを購入し小分けに使う事ができれば日本と差ほど変わることはないです。

だだもし外食をするとなるとやはり場所によっては一食1,500円ほど掛かってしまうお店が多いため、外食が多い人だと費用はかなり掛かってしまいます。

ただ一つ良いなと思ったのは、アメリカのセブンイレブンのコーヒーがアメリカサイズで日本ではないくらいのLLLサイズくらいのコーヒーがテイクアウトで100円〜200円くらいで買えるで、自分は学校に行く前に毎日それを飲んで通学してました。

大きなコーヒー

なるほど、その他の物価に関しては何かありますか?

そうですね、今日本でもスマートフォンを使う人がほとんどだと思うのですが、アメリカでは毎月4000円ほどだったので、日本の携帯はすごく高いなと思っていました。

あとは交通費や車のガソリン代ですかね。

自分は留学早々に現地で安い中古車を購入してそれを足としていたのですが、ガソリン代は日本と変わらないくらいと言う印象でした。

その他は学校で出来た友達と遊びに行く費用や、その他の雑費で毎月5万円位掛かっていたと思います。

つまりまとめると、

家賃:6~7万円/月
光熱費:5000円程/月
食費:3~5万円/月
交通費(ガソリン代):1万円前後/月
携帯代:4000円程度/月
その他の雑費:5万円程度/月

合計:16万円位

ただこれは私がかなり節約していた方なので、普通にあまり節約をされない方は20万~30万円位は毎月掛かるのではないかなと思います。

またこの他にも事前に払っている海外旅行保険代、学校の授業料などを含めるともっと掛かっていますね。

リョウさん詳しい情報ありがとうございました!実際に生活された方からの声はとても参考になります!

アメリカのサンディエゴ、カリフォルニアへの留学が気になる方は、お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせはこちらから:お問い合わせ

\ 先着5名様限定!! /

最大10,000円キャッシュバック!

往復バス代が無料※本州のみ 8周年ウェルカムキャンペーン ご利用条件を見る

トップへ

友だち追加