留学・海外旅行はWLPにお任せください!国別、年齢別、目的別で様々なプランをご用意しております。

貴方だけのオーダーメイド留学をご提案。
カウンセリングから渡航中まで一貫サポートいたします。

アイルランド英語が聞き取れない?訛りは?留学に向いてるの?

2019年5月22日

アイルランド英語

アイルランドの英語ってどうなの?

アイルランド留学をご案内していると、結構な頻度で聞かれる質問があります。

 

「アイルランドって訛りは大丈夫なんですか?」

 

気になるポイントですよね。

そこにはいろいろな心配があると思います。

 

① 訛りがキツすぎて聞き取れなかったらどうしよう・・

② 訛った英語を学んでしまい、他の国に行った時に笑われたらどうしよう・・

 

でもそれ、どちらもいらぬ心配です。

確かに、アイルランドの英語にはイギリスの英語とも、アメリカの英語とも違う発音があります。

アメリカ英語・イギリス英語  

一番簡単な例で言うと、首都の「ダブリン」が「ドゥブリン」に聞こえるとか、「バス」が「ブス」に聞こえるといったところでしょう。

それでも、基本的な文法構造はイギリスの英語ともアメリカの英語とも違わないし、全く何を言っているのかわからないということにはなりません。

たとえ、慣れない発音の単語があって聞き取れなくても、文脈で理解できたりもするものです。

(アイルランドの北部や南部に行くと話は少し変わったりますが・・。)

 

アイルランドの英語は現地語であるアイリッシュ・ゲール語の影響もあり、他の地域の英語より少しソフトな響きを持ちます。

イギリス英語やアメリカ英語の教材は日本でも手に入りますが、アイルランドの英語を聞ける機会は日本ではなかなかないので、思い切って日本を飛び出して新しい英語の世界に入り込んでみるのも楽しいかもしれません。

アイルランド  

この記事を読んだあなたはもうすでに、ダブリンが「ドゥブリン」になるとか、バスが「ブス」に聞こえるのを知っているので、きっとアイルランドの発音も楽しめるはずです。

 

アイルランド留学ならWLPにお任せください。

お問い合わせはお気軽に:お問い合わせ

\ 先着5名様限定!! /

最大10,000円キャッシュバック!

往復バス代が無料※本州のみ 8周年ウェルカムキャンペーン ご利用条件を見る

トップへ

友だち追加